夜明け前にも出てくる
-ねぶ茶-
 
ねぶ茶は、カワラケツメイ(河原決明))というマメ科の多年草が原料です。

昔、馬籠地区で好んで飲まれていました。夏頃刈り取って刻み、軽く蒸した後、ホイロで炒って仕上げます。お茶のような渋みはありませんが香ばしい素朴な味を楽しむことができます。

小説『夜明け前』より
「あなたの好きなねぶ茶をいれてきました。あなたは、なにをそんなに考えておいでなさるの。」とお民が聞いた。
CLOSE